hsrのガラクタ箱

オッサンのおもちゃ、スーパーカブ系、ミニカーのブログです

私が愛するバイクの事、
(最近、全く乗ってません(ーー; )
水樹奈々さんの事、
(ライブは毎年、必ず参戦!)
集めているフィギュアやミニカーの事、
(最近はお金が・・・)
など不定期に徒然と・・・
ただ、基本飽きっぽくてものぐさなので(ーー:

第2回和歌山城カブミーティングに行ってきました その2

では、続き・・・

私の2号機と同じ型式のカブですね?
でもこちらの方が断然綺麗です。
それに私のはリトル化されてるし・・・

コレはスポーツカブってヤツですかね?
なんかカッコいい、ホントは6号機もコッチ系を
目指したんですけど、懐の都合でニセカモメになってしまいました(^_^;)
さて、小腹が空いて来たので食べ物を・・・

こうして食べ物屋さんや飲み物が売っていると助かります。
そう言えばカブ関係のショップも出店してました。(ナナカンパニーとか)
よく見るとカレー屋さん(ココ壱番屋)も出店してて
食べたかったけど、今ガッツリ食うと帰りが辛くなるので、
ココは軽く・・・

梅から揚げっす。
コレ、結構美味しかったので小じゃなく大を買えば良かった・・・
さて、腹も膨れていい感じになったので、せっかくやってきた初和歌山、
お城でも観にと城内をウロウロ・・・

カブミの会場ではアイドルのライブとか行われてましたが、ココは観光客になって
お城、お城と探していたら上に続く階段らしきモノを発見、
近くに居た忍者装束のお兄ちゃんに「ココを上がるとお城があるの?」って聞いたら、
「こちらはかなりキツイのでもう少し向こうに緩やかな道がありますよ」って
教えてくれましたが、いやいやココに階段があるならココから行っちゃえ!
でも、忍者のお兄ちゃん達は名古屋城に居る「おもてなし武将隊」みたいな人達?
なんかそこいら中に居たし、すれ違う度、「こんにちわ」って挨拶してくれるし・・・
で、坂を登って・・・

最初の1回目のターンでヒーヒー言って・・・

なんだこりゃ?、長いぞ!
ってか、暑いし(~Q~;)

なんか、どえりゃ~高いトコに居るみたいだけど?・・・
ココって結構な街中だった気がしたけど?・・・

で、やっとこお城に到着・・・(~Q~;)
いやいや、なかなか立派なお城じゃありませんか、はぁはぁ・・・
でももう、お城に入る元気もなく、忍者君の言う事聞きゃ良かった・・・

ってか、ホントに高い場所にお城が建ってるのね?
名古屋は地べたから直接建ってるからちょっとビックリ・・・
でここで少し休憩して、お土産買って、また降りましたが、
降りも結構キツかった・・・

あはは、あんなに上にあったのね?(笑)
で、会場に戻ってしばらく居りましたが・・・

最後に写したカブ。

カスタムのメーター付いてます、
最近この手のカフェレーサールックが好きなんんですよねぇ?・・・
さて、この頃イベントも一段落したみたいで、集合写真撮影があり、
13時近くなったのでそろそろオジさんはお暇致しま~す!
帰りはひたすら下道で帰るつもりなので、最後まで付き合うと日が変わってしまいます。

で、再び積み込んでまでは良かったのですが、荷台から降りる時
つい、テールランプに手を掛けて降りたらテールランプが
壊れました・゜・(ノД`)・゜・
しかし、項垂れている訳には行きません、帰らねば!

さぁ~て、浦島太郎の始まりです(笑)
土地勘が全く働かない場所でナビの言いなりに動くしかないオジさんは
ナビの姉ちゃんにキレまくり・・・(笑)

ココどこ?、看板も奈良と泉佐野以外はピンと来ない(笑)

荒見?、西川原?ってどこ?(笑)
取り敢えず橋本って地名を求めて走ります・・・

どこか解らん道の駅で取り敢えず休憩。
なんとなく名前からしてまだ和歌山県内と想像がつきます。
ここでみかんを買いました、和歌山みかん美味しかったです。(^-^)

どこか解らず走っていたら、2台の原付2種と出会う、
何と、同じ愛知県民が2人・・・
こんなとこまで自走でツーリングか・・・
私には無理です(^_^;)
ここから暫くナビの言う通りに走り、何度か騙されて
本当に浦島太郎になる事数回・・・(笑)
ようやく奈良県桜井市まで来て土地勘も戻り、国道25号線
針インター方面に向かい・・・

途中のまほろば湖で休憩。

この後、無事針インターから名阪国道にのり・・・

ってかもう真っ暗、泣けてきます・・・
そんで腹が減ったので、伊賀のパーキングで、

カレーライスとかけうどん食べて出発。
この後、亀山インターで降りて国道1号線~国道23号線で無事帰宅。

約500Km、燃料満タンで出ましたのでほぼ3/4程減りました。
意外と燃費良かったかな?
この後、泥の様に寝ました。

疲れていたので1号機も積みっ放し(笑)
いつもながら感じますが運営をされる方々には本当に頭が下がります。
面白い遊び場を提供して頂きありがとうございます。m(_ _)m

第2回和歌山城カブミーティングに行ってきました その1

2018/10/08月曜日、早朝より和歌山城で行われたカブミーティングに
行ってきました。
遠いから行かないとか言ってましたが・・・(^_^;)

もちろんセレナにカブ1号機積んで・・・(^_^;)
しかし馬鹿ですねぇ、私は?
最初はオール下道で行くつもりでこんな暗い時間に出発したのに、
国道23号線でipone忘れた事に気付いてまた家まで戻って、
再出発したのが6時30分・・・・゜・(ノД`)・゜・
もう下道じゃ無理って事で高速に変更(凹み)
東名阪~名阪国道(国道25号線)の途中で

トンネル抜けたらいきなり曇りの上、ガスってるし・・・
ありゃ,コレは天気がやばいかな?って思ってたら、

針のパーキングではPカンだし・・・
ココから西名阪~阪和自動車道の和歌山インターまで一気にいきましたが、
インター降りてからが浦島太郎(笑)
人生初の和歌山県!、土地勘全く無し、ナビの指示が無ければ
どこにも行けない・・・(^_^;)
で、何とかお城も見つけ、近くのコインパーキングも見つけ・・・

あ、1号機の仕様を少し変えました、
せっかく付けたキャリアもリアBOXもカッコ悪いので取っ払い、
代わりにセンターバッグを付けました。
フロントも2号機に付け替えたツールバッグをまた1号機に戻しました(笑)
で、11時前に現地に乗り込みましたが・・・

もう既にこんな感じでした・・・
こんだけPカンだと10月とは思えん位暑いし、
で、今回はバイク単体の画像はほとんど撮ってません。
取り敢えず・・・

ペコちゃんの缶が可愛いです。

この辺りの数台はカブと呼ぶには・・・

クランクケースの29Kの刻印、シリンダーの31Kの浮き文字、
解る人には解るでしょうね?
RZばかり弄ってた頃、欲しかった代物ですね?、
当時、私のRZは4L3ケースに4U0の腰上とオイルポンプ仕様でした。
でもこの猿人がカブ顔の車体に載ってるとは?(笑)

私のカブのお隣さん、パッと見スタンダードなリトルカブ、
でも、フロントはディスクブレーキ、登録は軽2輪でした・・・

カブのレーサーですね。
カブの耐久レースとかに出てる仕様のようです。
さて、その1はここまで、続きはその2で・・・

1号機にバックステップを装着してみる、その2

前回の失敗を踏まえ、日を改めて作業しました・・・

前回、ほぼ付けただけで終了していたため、乗ることも出来ず近所のお買い物は
徒歩だったのでなんて健康的だったのでしょう(笑)
さて、まずは不要となるブレーキペダルの取り外し、コイツのシャフトが
センタースタンドのシャフトも兼ねているため、このまま抜くと大変な事に
なってしまうので、後輪に板を噛ませてガレージジャッキで浮かせてスタンドを
フリーにして抜き取ります。

はい抜けました(´∀`)
このシャフトだけ元に戻してセンスタを生かします。

さて、今度はブレーキロッドを取り付けます。

コレはバックステップ専用(同梱品)のロッドを使います、
ノーマルと違い、上にロッドが来るため、ドラムのブレーキレバーも
上下逆さに組み替えます。

さて、今回の大仕事、
サイドスタンドを使えるようにする・・・
この時点で車体に付いてるのはG craft製スタンドホルダー、カブの純正スタンドを
付けるとご覧の様にセンタースタンドを立てた状態で接地してしまいます、
これでは立つどころか反対側に倒れてしまいます!(笑)
で・・・

コレをやるともう後戻りは出来ませんが・・・

ノーマルステップを切っちゃいました(^_^;)
コレをスタンドホルダーにします。

コレだけ取り付け位置が違うとそりゃ立つわけ無い(^_^;)
う~ん高い金だしてガラクタを買ってしまった・・・
でもこれですね、モンキーのノーマルスタンド付けると
カブでも使える筈です。
現状、モンキーのスタンドの在庫が無かったので、1号機の
ステップにご臨終して頂きました(笑)

で、こんな不細工ではありますが、無事解決しました。

シフトペダルの位置も調整して・・・
でも、このポジションは使いながら少しづつ良い位置を探した方が無難ですね?
見た感じだけでは決まらない気がする・・・
マフラーも戻して。

さて、なんかスッキリしてしまいましたが、このバックステップと
ベトナムキャリアは併用出来ない為取り外しました、
オイルキャッチタンクもホースがキックやブレーキペダルの邪魔を
するので外しました。

なんとなくガランとなってしまいましたが、まぁ私のカブはツアラーでも無きゃ
旅カブでもないので積載能力はあまり必要無いし、カッコ良ければそれで良し(笑)
でも、便利グッズは欲しい・・・(^_^;)
しかし、ローレット剥き出しのバックステップはやっぱレーシーでカッコいい!
でもね、ローレットのステップって長時間乗るのはちと辛い・・・
まぁ、しばらくはこのレーシーカブで行きましょう。